南三陸歌津

象さんのパオーン通信

2012/02/23

南三陸町歌津・伊里前三嶋神社 大祭

三嶋神社 終了したイベント

南三陸町歌津・伊里前三嶋神社 大祭 が

2012年3月後半に開催される予定です。

『伊里前・御神輿』
先達車(せんだつしゃ)2人 『広報放送用軽トラック』
御神符(ごしんぷ)3人 『リヤカー』

鉾(ほこ)1人

五色旗(ごしょくき)5人
(赤、黄、黒、水、白)
祓い草(はらいぐさ)1人
献膳三方(けんぜんさんぼう)「12膳/8膳」8人

御幣(ごへい)1人
御鏡(おかがみ)1人

宮司(ぐうじ)1人
馬(うま)※神輿を置く台の事を指す。2人
神輿(みこし)30人
御祝儀 3人 『軽トラック』

太鼓屋台 25人 『2トントラック』
獅子舞囃子(はやし)4人

獅子舞(ししまい)10人
御囃子(おはやし)隊 5人 『2トントラック』

樽神輿1(たるみこし)12人 + 交代要員
樽神輿2(たるみこし)12人 + 交代要員

樽神輿3(たるみこし)12人 + 交代要員

子供神輿1(こどもみこし)子供14人/大人4人 + 交代要員
子供神輿2(こどもみこし)子供14人/大人4人 + 交代要員

子供神輿御囃子(おはやし)
子供用の食べ物や飲み物のリヤカー 子供達多数
※神輿を担げない子供達用

その他
「大きなうちわ」を扇ぐ人 数人
※記録が流出したため伊里前の世話役の方々の記憶と2008年のビデオを元に作成しました。
※予告無く修正する場合があります。

お気づきの点がありましたら伊里前福幸商店街へお知らせ下さい。


2016/04/19

町民が自分たちの力で成し遂げた復興

三嶋神社 復興レポート

東日本大震災で歌津地区の神社の社務所が流されました。あれから6年、町民が自分たちで力を合わせて新しい社務所を建造していたのをご存知ですか?5月3日午後、歌津周辺の神社を束ねる社務所の落成式が行われる予定です。

2016/10/26

三嶋神社の絵馬作戦(協力者募集中なう)

三嶋神社 ご支援・ご協力のお願い

三嶋山にある神社で、事代主命(コトシロヌシノミコト:大国主の子で国譲りの神話に登場します。釣り好きといわれ、恵比寿と同一視されることから海の神・商売の神とされています。)を祭神としています。創建は延元2年(1337)、葛西氏の臣、千葉刑部行胤の勧請と伝えられています。東日本大震災で歌津地区の神社の社務所が流されました。あれから6年、町民が自分たちで力を合わせて新しい社務所を建造しました。